情報セキュリティ基本方針

 

株式会社USOLは情報資産と個人情報のセキュリティを守り、取引先、お客様の安全を確保するという社会的責務を果たすため、次のセキュリティ基本方針を定め、これを実施、推進する。
 
(1)情報資産の保護
当社は適用範囲の全ての情報資産の機密性、完全性および可用性を確実にするために適切な対策を講ずる。
 
(2)法令等の遵守
当社は情報セキュリティを含め、法令、規則等を遵守する。
 
(3)教育等の実施
当社は経営者、社員が情報資産の重要性を十分認識するように必要な教育、研修を実施する。
 
(4)適切な改善の継続
当社は情報セキュリティに関する管理策等を定期的に見直し、組織に合った適切な改善を継続する。
 
2014年11月1日
株式会社USOL
代表取締役 漆畑俊昭
 
 
 

 

CSRへの取り組み

 CSR基本方針

会社活動が社会および環境に及ぼす影響に責任を持つことにより社会からの信頼を得、持続可能な組織を目指す。
 

CSR行動指針

 1.ガバナンス
組織として有効な意思決定および監視の仕組みを持つ
2.人権
差別のない採用、差別のない評価を行う
3.労働慣行
ワークライフバランスを推進するとともに人材育成に取り組む
4.環境
身近なところからできることを実施していく
5.公正な事業環境
他の組織とのかかわりにおいて責任ある行動を取るとともに情報セキュリティの充実を図る
6.消費者課題
顧客満足度の観点から消費者とのコミュニケーション充実を図る
7.コミュニティへの参加
幅広いコミュニティへ参加し教育・文化の充実を図る
 

 

環境にやさしい企業活動

 環境指針

1.ITソリューションを通じ、お客さまや社会の環境負荷低減と環境効率の向上に貢献する
2.省資源、省エネルギーおよび3R(リデュース(消滅)、リユース(再利用)、リサイクル(再資源)を意識したソリューション活動を図る
3.製品ライフサイクルを通じ、すべての段階において環境を低減する
4.環境に関する活動、製品およびサービスの情報を開示し、これらのフィールドバックにより環境活動改善を行う
5.有害な科学物質や廃棄物などによる自然環境の汚染と健康被害を防止する
 

行動指針

1.リサイクルを前提とした分別廃棄を徹底する
2.ITを通じて社会全体の環境全体の環境負荷低減に取り組む
3.社員一人ひとりが市民として環境改善に取り組む